スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東田まり絵です359。

製品開発Ⅱ,森永泰史先生(3・4年次科目)
(来年度以降の参考程度になれば…。)

問1 忘れた
問2 よくわかんなかった
問3 日本企業は概してオープン化が苦手です。その理由を論じなさい。またオープン化に際しての注意点を論じなさい。

まり絵さんは後期前半の講義に出席してなかったので問1・問2はなんのこっちゃ(?_?)っていうね。
でも単位落とせないから問3だけを1時間かけてひたすら書きました!

参照許可物は指定教科書の「デザイン重視の製品開発マネジメント」ってやつなんだけど、使いません。
てか使えません。

講義とはほとんど内容違うと思われる。
講義にちゃんと出席するか、ノートを手に入れないと試験は書けないかな。

でも参照許可物なんですよ。
使い道はノートの内容を教科書に書き込むこと or 紙にノートを書いて貼り付けること。
コピー不可なので単位欲しいまり絵さんは表紙と裏表紙を開いた白紙のページに板書を写してそれを見ながら解答してました。

あと森永先生は文章の構成、書き方も見てるみたいです。
そこ注意ね。


講義についてですが、まり絵さん的にはわかりやすいと思います。
ただ、説明の表現が抽象的なんだよね。
「ごちゃごちゃ」「ウェット(wet)」「ドライ(dry)」「情で付き合う」「開発が面倒くさい」など。

内容を理解できても実際の試験で↑の表現で解答するわけにはいかないのでそこにちょっと悩んだかな。
まり絵さんは「複雑」「長期間」「割りきりがはやい」「人間的」「時間と手間がかかる」って感じに言い換えたんだけどね。


ま、ここで書いてもなんのこっちゃ?と思うでしょーが製品開発は面白いと思いますよー。
→だったら講義行けよ(^O^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Access
Follow us!!!
サークルメンバー向け
プロフィール


北海学園大学英語会話研究会

Author:北海学園大学英語会話研究会

北海学園大学ESSへようこそ!

ここは学園ESSのメンバーが大会やデイリーの様子、各種お知らせをゆるやかに掲示していく…そんな場所です。

twitterアカウントhokkaigakuenESSをフォローしましょう をフォローすると、このブログの更新通知を受け取ることができます。
Please follow me!!
RSSも利用することができます!

お問い合わせは下のメールフォーム、またはメールでお願いいたします(^o^)
メールアドレス(hokkaigakuen.ess@gmail.com)
*返信には数日かかる場合があります。ご了承ください。

Since 2011/01/31
Renewal 2013/04/10

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新画像

P-Clip β版
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
twitter


QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。